のんびりデンマーク暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ・・・食べ物

2009.05.05 (Tue)

料理が美味しいイタリアでは食事も楽しみの一つ。
美味しいトスカーナ料理をもとめて、トラットリア「4LEONI(クワトロ・リオーネ)」
に行ってきました。
ここは予約をとるのが難しい人気の店です。
IMG_3046_1.jpg


お目当ては、フィレンツェ名物「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」
簡単にいってしまえば、Tボーンステーキです。
この店では1キロ単位での注文だったけど、2人だけなのに無謀にも
チャレンジしてみました。
IMG_3040_1.jpg


炭火焼のシンプルな調理法で作られたお肉は香ばしくてジューシー♪
日本の高級和牛に比べたら硬さはあるけど、味はいいです。
骨を含めて1キロなので、頑張れば完食できるかと思ったけど無理でした。
美味しかったのに・・・もったいなかったなぁー。

フィレンツェにはジェラート屋さんが沢山あります。
今まで行ったイタリアの町で、一番お店の密集率が高いと思う。
街角でジェラートを食べている人をよく見かけました。
IMG_3164_1.jpg


テラス席で食べたジェラート
立って食べれば3ユーロが、座ったら10ユーロに!
席料高いです。
IMG_3067_1.jpg


でもテラス席では行き交う人を眺めつつ、くつろげました。
                   テーブルに遊びに来てくれたすずめさん
IMG_3070_1.jpg


さて、沢山あるジェラート屋ですが、フルーツ系のジェラートを食べる時は
お店を選ばなくてはいけません。
本物のジェラート屋とそうでないのがあるのです。

本物=果物を使って作られたジェラート
偽物=フルーツの風味付け+着色 されたジェラート

食べればすぐにわかるけど、店頭で見ただけではなかなか区別がつきません。
本物と偽物、値段はそんなに変わらないです。
                    これは本物のジェラート
IMG_3165_1.jpg


こちらは偽物、人工的な味がしました。
IMG_3190_1.jpg


地球の歩き方に載っていた「ペルケ・ノ」は本物のお店。
美味しかったです!
無題_1


経験から言うと、朝早くからオープンしているお店は偽物っぽい。
本物はお昼近くなってから開店する店が多いように思います。


スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

ステーキ&ジェラード、写真を見ただけでも、とっても美味しそうですね。
さすが美食に国だなーって思いました。
そして、ダビデ像。
あれ、本当に真正面から見ると印象が!!(笑)
地面に絵を描いてもOKなのかな?
でも、とっても上手ですね。
いつも旦那様と仲良く旅行しているミルキーさんがうらやましいな~。

KOTOさん
今まで行ったことのあるイタリアの街って海の近くばかりだったので、魚ばかり食べていて「肉」は初めてだったような気がします。
食べる時にたっぷりオリーブオイルをかけるのがイタリア流のようです。
地面に絵を描くのは合法だそうです。
先日、日本語衛星TVでフィレンツェで地面に絵を描いている日本人を紹介していました。
それで知ったのですが、なんとチョークで絵を描いているのです。
だから雨が降ると消えるし、人が上を歩いてもすぐに薄くなって消えてしまうそうです。
儚い絵なのがこの絵の醍醐味なんだそうですよ。

おいしそう

イタリアに行って、イタリア人はほんと 料理の天才と実感しました。
おいしそう。まさかじぇらーとに偽者と本物があるとは。心して食べないといけないんですね。
さて ミルミルさんのこのブログは アメブロとはリンクできないようになっているのですか?なんか上手くいかなくって。

すごいボリューム!

お肉もジェラードもすごいですね。
イタリアの人ってみんなそんなに食べているんでしょうか?
ワインを飲みながら、ゆったりとお昼を過ごせばあの量も入ってしまうのかしら・・・

あきこさん
お返事遅くなってごめんなさい。
イタリアは本当に料理が美味しくて、毎晩食べる場所を考えるのが楽しかったです
ジェラートはフルーツ系以外(チョコ系)だったらそんなに味の違いがわからないですが、
うちは注文の時、毎回必ずレモンをいれていたのでわかってしまったんです(汗)
ブログのリンクの件、できないようになっているとは聞いた事がありません。
どうしてできないのかはわからないです、ごめんなさい。
あきこさんはアメブロで書いているんですか?
ぜひ見てみたいです!、次回コメントを下さる時にURLボックスに御記入くださいませ。
よろしくお願いします!

みーたんさん
>イタリアの人ってみんなそんなに食べているんでしょうか?
いえいえ、2人で1キロの肉に挑戦したのはうちのテーブルくらいで、地元民らしき人々は
5~6人で1キロを頼んでいました。
このステーキが運ばれてくるときは、まわりのテーブルから注目されるんですよ。
きっとまわりの人達は、運ばれた先が2人だけのテーブルなのを見て、「無謀だ!」と
思ったに違いないです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。