のんびりデンマーク暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フベルツス狩猟・・・再挑戦

2008.11.04 (Tue)

この間の日曜日はフベルツス狩猟の日でした。
狩猟と言っても実際に狩をするのではなく
馬術の障害レースのようなものです。

去年も見に行ったのだけど、
行った時にはすでに終わった後だったので
今年は日時をしっかりチェックしました。
去年の失敗編はこちら

FI341_1E_1.jpg


コペンの北に位置するバッケンの森はとても広大。
これまで森の入口付近を散策することはあっても
奥まで行くのは初めてでした。

競技場所へ向かう人々
FI341_2E_1.jpg


ビックリするくらい沢山の人が
来ていました。
犬連れの人も結構いました。
ミルキーと一緒だったので、ちょっとホッとしたりして。

20分位歩いたところで開けた場所に
たどりつきました。
ここで1つ目の競技があるのです。

待っていると、小高い丘の上に作られた柵を
飛び越えてぞくぞくと馬がおりてきました。
FI341_3E_1.jpg


柵のすぐ下は急な坂になっているので
かなり難しそうです。
落馬した人もいました。

沢山の馬が地響きとともに走り抜けていくので
迫力満点です。

最初の競技の後、さらに奥へと移動が始まりました。
FI341_4E_1.jpg


私はデンマークでこんなに沢山の人が
集まるのをみたのは初めてです。
みなさん急がずのんびり歩いています。

お次は目玉の「池を飛び越える」競技です。

観客の移動が終わった頃を見計らって馬がやってきました。
FI341_5E_1.jpg


池を飛び越える助走のためか、ガンガンとばしています。
FI342_1E_1.jpg


これから最大の難関、「池越え」です。
しかーし!一番の見所なのに
ものすごい人垣に阻まれてまったく見えません

デンマーク人はやっぱり背が高い。
ミルキー連れのハンディがある私は
近づくこともできませんでした。
目で見るのを諦めて、腕を精一杯伸ばして
デジカメで撮って見ました。

ブレブレですが、池越えはこんな感じ
FI342_2E_1.jpg


まわりでは大きなどよめきが度々あり、
すごく盛り上がっていたのに・・・。
ここまで来て見られないなんて悔しーい!

無事に池越えを終えた騎手たちは
軽快に丘の上に駆け上がり、
成功を喜び合っていました。
FI342_3E_1.jpg


腕を振り上げて喜ぶ姿から、
池越えがどんなに難しいのかがわかります。

やっぱり池越え見たかったなぁー。
くやしーい!
ところで、池越えをまったく見れなかったのは
私だけではないようです。

観戦になれたデンマーク人は
こんな馬車をしたてて、
高みの見物と洒落こんでいました。
FI342_4E_1.jpg


これなら人垣の後ろからでもバッチリ見えます。
馬車観戦の皆さんは馬術見物を意識した装いで
とても雰囲気があって素敵でした♪

自前の馬で観戦に来ていた人も
ちらほら見かけました。
FI342_5E_1.jpg


馬連れなので人垣に近づくことはできません。
この方々は観戦というより、
お祭りの雰囲気を楽しみにきたようでした。

お弁当を広げている家族もいて
それぞれが思い思いの形で楽しんでいました。

池越えは見られなかったけど、
みんなと一緒に森を歩いてハイキング気分を味わえたし、
デンマーク人の「馬好き」を間近にみられてよかったです。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。