のんびりデンマーク暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィア観光編

2009.05.12 (Tue)

ヴェネツィア観光は、ホテルのあるリアルト橋からサン・マルコ広場まで
大運河をヴァポレットで行くところから始めました。
徒歩でも10分かからない距離だけど、ヴェネツィアの中心サン・マルコ広場には
水上から行きたかったのです。
                     道中の景色も楽しい水上バス
IMG_3249_2.jpg


約10分で目的地サン・マルコへ到着です。
海上から見たサン・マルコ中心、左が鐘楼、右がドゥカーレ宮殿。
ドゥカーレ宮殿右端にかかっているブルーの広告が、この後悲劇の元凶に・・・。
IMG_3263_1.jpg


大運河はサン・マルコあたりから大きく視界がひらけ、明るさがさらに増します。
このあたりはまだ運河なのだけど、アドリア海を感じさせてくれました。
IMG_3269_2.jpg


まずは水上バス停留所近くにある ため息の橋へ
ドゥカーレ宮殿と隣にある牢獄をつなぐ橋で、罪人はこの橋を渡ると
2度とこの世に戻ってこられないといわれ、橋の小窓からため息をついたと
いう逸話からこの名前がついたそうです。
ガイド本で写真を見て、その風情のある雰囲気と逸話から
とても楽しみにしていました。
が!!現在工事中でしたぁぁぁぁーーー!!

  ネットでみた本当の姿  ↓                     今の姿
ponte_dei_sospiri_01[1]_1_1IMG_3271_1.jpg

なんて無残な姿に・・・、あ”--私にとっても ため息橋 になってしまいました。

ため息橋を撮影するのに一番いい場所(橋の上)は、
こんな状態にもかかわらず観光客で一杯でした。
IMG_3342_1.jpg


さて気を取り直して観光の続きです。
サン・マルコ広場はいつも多くの人で賑わう観光の中心です。
                    カフェのテラスが広がる広場
IMG_3357_1_1.jpg


サン・マルコ寺院はちょっとエキゾチックな雰囲気をもった教会です。
IMG_3205_1_1.jpg


建物はところどころモザイク画で飾られとても綺麗です。
建物の中は同じような金地のモザイク画が壁&天井一面に広がり
さらに豪華でした(内部撮影は禁止でした)。
IMG_3226_1.jpg


広場の一角にある時計台、15世紀に建てられたもの。
IMG_3354_1.jpg


鐘楼に登ってみました、ここはエレベーターがあるので気軽に登れるのです。
上からの景色はヴェネツィアの街や海が一望できて気持ちいい♪
                上から見た、サン・マルコ寺院とドゥカーレ宮殿
IMG_3217_1.jpg


対岸に見えるサン・ジョルジョ・マッジョーレ島
とても小さな可愛らしい島です。
IMG_3212_1.jpg


ドゥカーレ宮殿には30分待ちで入ることができました(内部撮影禁止)。
昔のヴェネツィア共和国総督の政庁です。
内部は壁も天井も素晴らしい絵で飾られていますが、
ちょっと暗い色調の絵なので、豪華だけどちょっと息苦しさも感じました。
                         宮殿中庭
IMG_3274_1.jpg


宮殿から ため息橋 を通り牢獄を見てまわれます。
                         ため息橋内部
IMG_3284_1.jpg


                       小窓からみた景色
IMG_3282_1.jpg


橋の上に鈴なりになった観光客が見えます。
みんなが写真を撮りながら ため息 をついているのかと想像したら
なんだか可笑しかったです。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

狭い窓から観光客を見るのも面白いですね!
あー、工事中だったんですねー。
できるなら、水色じゃなくて、元の壁に似た感じで絵を描いてくれれば
ちょっとは雰囲気味わえたような気がするんだけど。
水の都の景色はいいですねe-266

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

KOTOさん
>水色じゃなくて、元の壁に似た感じで絵を描いてくれれば ・・・
これ賛成です!!そうですよねー、壁の模様だったらもう少しましだったと思います。
ヴェネツィアは狭い土地に大勢の観光客が集まっているので、どこも込み合っていました。
橋の上は景色がいいこともあって、特に人が集まるので いつか橋が崩落するんじゃないかと心配です。

ため息橋残念でしたね

いつも居ながらにして楽しませてもらって幸せです。
宮殿と牢獄が隣り合わせって面白いですね。
それも橋でつながっているだなんて、日本では考えられないかも。
ヨーロッパ、たくさん楽しんで帰ってくださいね!

みーたんさん
ここの牢獄は地下まで続いていて、下階は時に水が入り込んで水牢状態になることも
あったそうです。
拷問部屋ですよね。
そういえばヨーロッパの中世の城には、メルヘンな外観に反して地下牢とか拷問部屋が
つきものだったりします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。