のんびりデンマーク暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダへ行ってきました。・・・市内観光編

2009.05.19 (Tue)

アムステルダムの街歩きは、カナル(運河)クルーズから始めました。
発着場のある中央駅は、東京駅のモデルとして知られています。
IMG_4000_1.jpg


ガイドを聞きながら主要な運河を1時間ほどでめぐりました。
IMG_3995_1.jpg


運河沿いに細い建物が立ち並ぶ景色は、
まさに想像していたアムステルダムそのもの。
IMG_3985_1.jpg


7つの橋が1直線に並んでみえる場所は、
ボートに乗った人だけが見られる景色です。
IMG_3915_1.jpg


王宮 とその前にある ダム広場
アムステル川をダムでせき止めて作られた、
ここがアムステルダム発祥の地です。
IMG_3939_1.jpg


運河にそって花屋が立ち並ぶシンゲルの花市。
今の時期一番目立つのがやはりチューリップ!
切花も球根もすごーく安いです。
IMG_3950_2_1.jpgIMG_3945_1_1.jpg

ゴッホ美術館では、沢山の作品を一度にみることができて感激♪
恥ずかしながら、ゴッホの画家としての活動期間がたったの10年だった
いうことを初めて知りました。
ミレーの「種まく人」の模写が何枚もあったり、浮世絵の模写があるなど
ゴッホが試行錯誤して画風を確立していく過程が見えて面白いです。

ちょうど「ファン・ゴッホと夜の色」と題した特別展が開かれていました。
美術館のカフェのペーパーマットやマグカップが、
代表的作品の「星月夜」の柄になっていてお洒落~♪
IMG_3956_1.jpg


国立美術館ではレンブラントやフェルメールを堪能しました。
レンブラントの描いた女性の肖像画は、皮膚の透明感まで感じられます。

                    長蛇の列の美術館入口
IMG_3966_1.jpg


IMG_3994_1.jpg
アンネ・フランクの家

ヒトラーのユダヤ人迫害を逃れて
隠れ住んだ家です。
アンネ一家4人他、総勢8人が
暮らしていました。
壁にはアンネとお姉さんのマルゴーの
成長を記した鉛筆の線が残っているなど
実際にここでアンネが暮らしていた
痕跡があって、身につまされます。



オランダといえば、チーズ!
普通のスーパーにも、立派なチーズコーナーがありました。
IMG_3906_1.jpg


オランダ名物クロケット(コロッケ)の自動販売機
IMG_3898_1.jpg


オランダ名物木靴のお店
壁も天井も一面木靴で覆われていました(笑)。
私はシンプルな白地に青の柄の木靴を買いました。
中にお花を生けて飾ろうと思ってます。
IMG_3901_1.jpg


オランダではオランダ料理をほとんど食べませんでした。
どーしても食べたいと思わせる料理が見つからなかったのです。
そのかわり、アジア料理を食べてきました。
特にインドネシアは元植民地だけあって、レストランが沢山ありました。
IMG_3894_1.jpg


オランダ名物?飾り窓地区の中心地付近。
ガイド本などには危険地帯として紹介されていますが、
実際にはガイドツアー客も歩いているなど、観光地化されているような印象でした。
運河の両側から1本入った小道に、ピンクのライトで照らされた小部屋が立ち並び
水着姿の女性が客を待っていました。
IMG_3980_1.jpg

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。