のんびりデンマーク暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題

2009.04.23 (Thu)

4月12日実家の父が亡くなりました。
私がイースター休暇でイタリア旅行をしている間のことでした。

私がそのことを知ったのは旅行から帰った13日夜のこと。
受信箱に入っていた母からのメールには
父が亡くなったこと、何回も電話をしたこと、通夜と告別式の日時が
簡潔に書いてありました。

最初読んだ時、書いてあることがすぐに理解できませんでした。
イースター直前に母からもらったメールには、父は元気だと記されていたからです。

2年ほど前から闘病生活を続けていた父は、検査数値はよくないものの
毎日1時間の散歩をかかさず、庭の手入れをしたり、週に一度は趣味の太極拳に
通うなど、一見病人とは思えないほど元気に過ごしていました。
容態が急変した10日も、日中は1人で車を運転して病院へ行き、夕食も普通に
食べるなどいつもと変わらない様子だったそうです。
それが10日の夜中に急に具合が悪くなり、救急車で病院に運ばれたものの
12日の朝静かに息をひきとったそうです。

闘病生活を続けていたのですから、いつかは・・・という覚悟はしていたつもりでしたが
私にとってあまりにも突然のことでした。

さてコペンと成田を結ぶ直行便は一日一便、約11時間かかります。
コペンからは午後3時40分発なので、一番早い14日の飛行機に乗っても
14日の通夜にはどうあがいても間に合わない。
告別式は15日朝11時からとなっていましたが、今までの一時帰国の経験から
成田着は翌日の朝10時30頃だと知っていたので、こちらも間に合わないと
絶望的になりました。
でも間に合わなくても、とにかく行こうと思いチケットの予約を取ったら
成田到着がなんと9時半になっていたのです。。
ヨーロッパは3月末からサマータイムになったので、日本到着が1時間早まったのでした。
実家は千葉県なので1時間あれば間に合います。
このときばかりは神様に感謝しました。
父と最期のお別れをすることができたのは本当によかったと思います。

花が好きだった父は庭で沢山の花を育てていました。
今年は暖かいせいか花の開花が早いと驚いていたそうです。
私には、花達が父への感謝の気持ちで早く咲いてくれたように思われてなりません。

                雨の日には傘をさしてやるほど大切にしていた牡丹
IMG_3454_1_1.jpg


                   2色が綺麗だと言ってお気に入りだったツツジ
IMG_3433_1.jpg


                    いつもより一ヶ月くらい早く咲いたカラー
IMG_3431_1.jpg


あともう少しで帰国だったのに・・・。
元気な父と再会する日を想像して、帰国したらあれをしようこれをしようと
計画していたので、今は気が抜けた状態です。
父も好きだった散歩などしつつ、父の冥福を祈る毎日です。












«  | HOME |  »

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。